各種事業のご紹介

HOME ≫ 各種事業のご紹介 ≫ 給付事業について ≫ 罹災給付

罹災給付 要届出

住宅や家財が火災、地震、風水害の被害にあったとき〔罹災見舞金〕

被害の程度により罹災見舞金が支給されます。なお、一定の基準に該当するときは、一般貸付のほかに特別貸付を利用することもできます。
(私学事業団からも災害見舞金や弔慰金などが支給されます。「私学共済 ブック」(給付編)をご覧ください。)

区 分 災害の程度 支給額
1
  • 家屋家財が全焼、全壊又は流失したとき
  • 1と同じ程度の損害を受けたと認められるとき
600,000円
2
  • 家屋家財が半焼、半壊又は半ば流失したとき
  • 床上浸水、家屋一部崩壊などのため家財の全部が損害を受けたとき
  • 1、2と同じ程度の損害を受けたと認められるとき
400,000円
3
  • 家屋の一部が焼失、崩壊又は流失したとき
  • 床上浸水したが家財の損害が比較的軽微であったとき
  • 家屋の損害は軽微であるが家財の半ばが損害を受けたとき
  • 1、2及び3と同じ程度の損害を受けたと認められるとき
200,000円
4
  • 床下に相当な程度浸水して家屋家財に損害を受けたと認められるとき
  • その他家屋家財に損害を受けて見舞金を贈ることが適当と認められるとき
150,000円
以下

組合員の方は下記のボタンより組合員サイトにログインし、各種書類のダウンロードや手続きの方法をご確認ください。

組合員の方はこちら

ペ-ジの先頭に戻る